路上生活者を支援する小さな 市民団体「(湘南)あすなろ会」の活動を紹介するブログです。


by syonan-asnr-0906

★会報「湘南ホームレス(SHL)便り」第9号を
発行しました。

内容は、「寿町夏祭りへの参加報告」「カンパのお願い」です。
どうぞお読みください。
クリックしていただくと画面が拡大して読み易くなります。


a0143904_17202573.jpg

a0143904_17204798.jpg


【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-08-28 17:23 | 湘南ホームレス便り

会報第8号です。

会報第8号(8月号)です。
どうぞご覧ください。
クリックすると拡大して読み易くなります。



a0143904_15514462.jpg

a0143904_15521193.jpg



【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-07-31 15:53 | 湘南ホームレス便り

決算が承認されました。

先日7月22日に行われた第1回総会において、決算が承認されました。

この一年は、ビッグイシュー4516冊の中継収入、初年度でもあり
少人数の有志のカンパで何とか賄ってきましたが、繰越金は僅かであり、
活動を継続していくためには、広くカンパを呼びかける必要が明らかに
なりました。

以下に、収支計算書を公表します。

a0143904_9342337.jpg


a0143904_937116.jpg


【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-07-29 09:35 | 会の運営

会則が改正されました

先日7月22日に行われた「湘南あすなろ会」第1回総会において、
この1年間の取り組みを経て、”学びつつ、活動の一層の充実を!”はかる
主旨を盛り込むために会則が改正されました。

以下に、その全文を公表します。

a0143904_9185261.jpg

a0143904_9191265.jpg

a0143904_9231188.jpg


【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-07-29 09:15 | 会の運営

お気付きの方も少なくないと思いますが…
最近相次いで、市内全域に配布される広報誌に、「湘南あすなろ会」を紹介する
記事が掲載されました。
ささやかですが、社会的な認知が一歩進んだ現われとして喜びたいと思います。


ひとつは茅ヶ崎市の「広報CHIGASAKI NO.904」(2010年6月15日発行)の
『市民の活動だより』というコーナーです。


a0143904_1024584.jpg



いまひとつは社会福祉法人・茅ヶ崎市社会福祉協議会(市社協)の
「社協ちがさき 第73号」(2010年7月15日発行)の
『ホッ…と心愛(ここあ)』というコーナーです。

こちらは紙面の3分の1を占める大きな記事でした。

a0143904_1031455.jpg


【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-07-19 10:32 | お知らせなど

もうとっくに皆さまご承知のこjとですが、
「THE BIGG ISSUE 140号」(2010年4月1日発行・表紙はLADY GAGA)の
「今月の人 第134回」に、茅ヶ崎の販売員Eさんが掲載されました。

a0143904_10172963.jpg


(随分ご紹介が遅れてしまいましたが、
湘南あすなろ会の歩みの記録としてブログにも記しておきます)
【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-07-19 10:17 | ビッグイシュー販売

カーラ・ブルーニ

「THE BIG ISSUE/146号」にはカーラ・ブルーニが登場しています。
同誌からその一部を引用してご紹介します。


スーパーモデル、歌手、そして2008年1月には
フランス大統領夫人となったカーラ・ブルーニ

彼女がフランスのストリートマガジン「マカダム」誌のインタビューに答え
チャリティ、政治、そして最近はぐくんでいる型破りな友情について語る

a0143904_16382465.jpg

 (前略)彼女は、最近型破りな友情をひそかにはぐくんでいる。相手は、
官邸の近くの路上で寝泊まりしているデニス。
 「彼はチャーミングな人。ずっと近所に住んでいるの。だんだん友情の
絆が芽生えるようになり、私はときどき彼に挨拶するために足を止めて、
本や音楽の話をしたりしているのよ。いつも感心するのは、彼が文化に
ついて非常に深い知識をもっていること。たぶん、それが彼にとっての
大事なよりどころなのでしょうね」

 (中略)「寒さや暑さ、路上で受ける暴力、そしてアルコール依存症の
問題を考えると、路上で生きることは非常に過酷で悲劇だわ。でも、大勢
のボランティアやソーシャルワーカーといった普通の人が手を差し伸べて
いるという事実には希望の光がある」

 (中略)エリゼ宮殿に閉じこもることなく、路上で、国外で、ブルー二は
つながりを紡いでいる

a0143904_212207.jpg

私たちはブルーニのように自然に、路上に生きる人たち(ホームレス)と
接しているでしょうか…。
【文責MO】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-07-13 16:39 | 社会の動き

「路上文学賞」


「路上文学賞」は全国の路上生活者を対象にした文学賞です。

ビッグイシューの「今月の人」を撮り続けている高松英昭さん(注a)が、
写真集「STREET PEOPLE―路上に生きる85人」の印税を寄付されて、
ビッグイシュー基金のプロジェクトのひとつとして、誕生したものです。
その第1回受賞作品が、2010年5月14日に発表されました。
選者は星野智幸さん(注b)です。

受賞作品はこちらをご覧ください。
応募された全作品が小冊子にまとめられました。
a0143904_13453532.jpg

手書きの原稿をそのまま印刷したものなので、一部読み取れない部分がありますが、
ほぼ全体を読ませていただいて、本当に率直な表現に心が暖かくなりました。

ここでは、川柳部門の受賞作品を幾つかご紹介します。

★正賞
   「生保でも 競馬に負けたら 炊き出しへ」
       生保=生命保険では、ありません。
       生活保護の略称です。勿論、反則です。

★副賞
   「さくらちる わたしはちらぬ いきるため」

★路上雨宿り賞
   「愛は真ん中に心があるから恋心
           恋は下に心があるから下心」
   「春うらら イシュー片手に ゆめうつつ」
   「ホウムレス おれはならんと おもったが」
   「雨降って 立つか立たずか 財布見る」

a0143904_1346412.jpg

☆残念ながら受賞作には選ばれませんでしたが、
 地元のEさんの川柳もご紹介しておきます。
   「物忘れ 激しすぎるよ スタッフは」
       今回も追加分発送を忘れられて、思いつきました。

       (写真は、茅ヶ崎海岸でEさんを撮影する高松さん)



【文責MO】

(注a)高松英昭
1970年生まれ。新潟県育ち。大学卒業後、日本写真芸術専門学校にて
写真を学ぶ。日本農業新聞を経て、2000年からフリーの写真家として活
動を始める。食糧援助をテーマにアンゴラを取材、インドでカースト制度
に反対する不可触賤民の抗議行動ラリーを取材。「路上で生きる人」を
テーマに取材を続ける。
(注b)星野智幸
1965年、米国ロサンゼルス市に生まれ、日本で育つ。新聞社勤務、メキ
シコシティー留学、字幕翻訳の仕事などを経て、1997年に「最後の吐息」
(第34回文藝賞受賞)で小説家デビュー。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」
で第13回三島由紀夫賞を受賞。2003年、『ファンタジスタ』で第25回野間
文芸新人賞を受賞。
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-06-18 13:47 | 社会の動き

会報第7号です。
どうぞご覧ください。


a0143904_1413121.jpg

a0143904_14133138.jpg


【文責ASNR】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-06-03 14:15 | 湘南ホームレス便り

”いのち”に格差があってはならない。
劇映画「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」


茅ヶ崎上映会が近付いています。


a0143904_1643186.jpg

大澤豊監督作品
長谷川初範・とよた真帆・加藤剛など出演

◆2010年6月18日(金)
◆上映開始①10:30~②14:00~③19:00~(開場は上映開始の30分前)
◆市民文化会館小ホール

◆前売1000円(当日1500円)
◆問合せ先⇒0467-82-9535(新婦人茅ヶ崎支部)


応援メッセージ
映画「いのちの山河~日本の青空Ⅱ~」の製作を応援します!

湯浅 誠(反貧困ネットワーク事務局長)
貧困と格差が広がる中、自衛隊が就職先としての「魅力」を増しています。今日
明日の暮らしが成り立たないホームレス状態にある人たちやネットカフェ難民、
それに「派遣切り」の被害者たちは、一番政治に変わって欲しいと願っている
人たちなのに、そのことを十分に考える時間的・精神的ゆとりを持ちにくい状態に
追い込まれています。住居を追われ、選挙権を行使できない人たちさえいる。
貧困が広がれば、政治はますます一握りの人たちだけの舞台になっていきます。
こうやって憲法25条の生存権が掘り崩されていく社会は、同時に9条をも危うく
していきます。
誰もが人間らしく生きられる社会は、生存権が保障されているだけでなく、戦争に
対する抵抗力も強い社会です。そうした社会の実現のため、”映画の力”に
ぜひとも期待したいです。

【文責MO】
[PR]
# by syonan-asnr-0906 | 2010-06-02 16:07 | 社会の動き